ホワイト

白く

どこまでも白く

ただただ白く

世界は一面の光であふれていた

反射したガラスのきらめきに

全然気づかなかった

ずっと先まで

光り輝く

まっすぐ

見つめるその先

明日もキミに会いたい

 

広告を非表示にする

行進

歩き出す

足と手がいっしょ動いても

動かないと

どんなものでも

動かなくなる

難しいとか考えてる

時間なんていらん

ヒトと同じようには進めなくても

つねに前だけしか見えないように

ちいさいひとのこころにしたがって

じぶんのリズムでリアルな行進を

広告を非表示にする

未確定

何千年かかって解き明かされた

法則や定理を

説明する黒板

記号や数字が歩きだす

きれいに並んで行進し始めても

となりで寝ている

あなたの事さえ

感じられない

リアルなわたし

どこまでがあなたなの

心はまったく動けない

明日はわからないまま

 

広告を非表示にする

セリフ

飲み込んだ言葉は

もう消えてしまった

シャボンの泡が

飛び跳ねても

日付変更線は

越えたまま

朝がまた来る

ぼくの中で反芻し続ける言葉は

発酵して熟成するのか

腐敗へ向かうのか

まだ台詞にはなっていない

 

 

広告を非表示にする

信じたって

変わらない

解答済みのテスト用紙

そのときはウソでも

時間が経てば

オセロの色も裏返る

みんなが信じてしまえば

真実になって

ウソで塗り固められた道が

正義というなの侵略へ

限りなく黒に近いグレーから

白に近いグレーへ

 

広告を非表示にする

近く

となりにいるから

分かったような

気になって

何年も経った

縮まらないまま

朝を迎える僕等はあと何度

朝寝坊が許されるの

ひとつがうまくいくと

もう片方のあたしが

同じ場所から

脚を引っ張っている

どれだけの時が経っても

キミのキモチはいつも対岸の向こうがわ

 

広告を非表示にする

理解

分かってもらいたいと

言葉を尽くし

思いと理論だけが

先走る

混沌としているのは

世界かわたしか

知ってもらいたいと

願うは

わがままか

欲望か

心それ以上なにもいらない

 

広告を非表示にする