手帳

過去も未来への

軌跡も

この手の中

だれも残してくれないから

あたしは記録したい

知らないまま

生きることは

いけないことなの

多くを知ってるあなたは

偉いのかな

検索ばかりで

知ったような気になって

知識だけ

理論だけ

理想だけ

それよりあたしは今日という

1日を丁寧に大切に生きて生きたい

広告を非表示にする

一歩前

辿り着けない

あと少し

ゴールが見えてから

こうなったらいいなって

思いだしたら

そこからまったく進まない

理想をもてるほど

近づいているはずなのに

つい逃げ出したくなってしまう

そこから

一歩前へ

なんとか踏み出せる

あたしでありたい

広告を非表示にする

ツール

つかわれるのか

つかいこなすのか

堂々巡りに終わりはないの 

誰かがいった

ネコの様に生きていきたい

来世の願いも飽和気味

ほら繰り返す

今世の諸行

 

広告を非表示にする

トビラ

気付いたら僕の眼の前に

大きな扉があった

開かないのだろうか

頑丈な

重厚な作りだ

彼女は僕のとなりで

ハンマーを振り下ろしていた

コレは夢

それともゲーム

電子音が聴こえると同時に

粉々に崩れていくのは

僕の世界か向こうの世界か

 

広告を非表示にする

ゆるぎない

どっしりと

おおらかで

まあるく

にこやかに

ただその場に

居続けることが

どれほど難しいことなのか

歳を重ねるほど

困難になっていく

自分自身が

あせって

ぴりぴりして

とげとげしく

気難しくしているから

やってこないのに

反対のことばかりしてしまう

あたしのところに

痛みが走っていく

広告を非表示にする

端々

直接なにかされた訳でも

ひどいことをされた訳でも

ない

なにも変わらないかもしれない

彼等が正しいのかもしれない

それすら霧の向こうがわ

近づいてはいけない

本能がいった

陽気な親しげな顔のまま

善意のかたまりのような態度なのに

どこかが歪んでいる

どこがと言われても

うまく答えられないんだけど

ただぼくは美しく生きていきたい

 

広告を非表示にする

手当て

あなたがかざしてくれた

手のひらで

泣けなかった僕は

やっと息を吐くことができた

泣き方を忘れた子どもに

僕はなにができるのか

窒息してしまう前に

息を吐くことすらくるしい世界で

あの子の泣き場所に

ボクハナリタイ

 

 

 

広告を非表示にする