ゴルフボール

止まったままの球体へ 僕のエネルギーを伝えてく ただボールの飛んで行く その先を見てみたかったんだ もういいよと僕が呟いて 試合は終わってしまっても ボールはそのまま止まってる

しとしとと降り続いた雨音は 僕の中のリズムを弱めていく トントンと刻む音は あたしの心を走らせる したたかに ゆっくりと ずるく かしこく たくましく ただ生きていこう

はんぶんこ

泣くな 今はもうあとの祭り 崩れる前に気が付いたのに 僕の手のひらは閉じたまま ひろげようとした 指の間に入った 星屑のかけら ヨコには君がいて となりにいたはずの僕は 欠けてしまった月を見上げている

手をのばしたら 手のひらが真っ白になった 見慣れない固まりは 僕の心のを溶かしてく 眼を凝らしても 写真のようには見えなくて 固まりのまま潰されて離れていった 真っ白の世界は見慣れた街を 一瞬だけ別の世界へと連れて行ってくれたの あの瞬間にしか見ら…

繋ぐことが出来るのか 絡まることが出来るのか 結ぶことが出来るのか 解くことが出来るのか すべては僕のなかにある 選択することで次のステップへスタート もう一度やり直せるのなら 同じ過ちは繰り返さないと ココロに決めたハズなのに また同じ画面のなか…

無邪気

知らないままの世界は キレイでキラキラしてた 美しいもので囲まれた世界は 思考を弱める 考えなくてもいいよ だってあなたは幸せでしょ 言葉の海に潜っても 自分の気持ちは沈んでく 浮上のキッカケは見つけられなかった

予定

そうするハズだったのに 僕の中の物語はいつも完璧で 結末はハッピーエンド それなのに 現実はアンハッピー 世界に君がいないから そんな夢の終わりを遠くにみる アンドロイドの夢は誰が叶えるの 宇宙のはじまりとおわり ほらまた今日もはじまった

カテゴライズ

いつの間にか誰かに分けられ 分断される おんなじだと思っていた 君と僕 選んでいくだけで 次のステップを示してくれた それでいいと思ってた それしか知らなかった ホントは好きでも無かったのに 知らないまま 始めないほうがよかったのかな

total

自分が今どこにいるのか 今しかないことは分かっていても 未来からみた今はマイナスなのかプラスなのか そんな見方じゃ測れないことはたくさんあるのかな じゃあ過去からみたらどうなんだろう 喜んでいるかな。笑ってくれているのかな 最後までゲームは分か…

距離

きっかけがあれば近くなるの きっかけがあれば離れていくの なにもなければそのままなの 僕からは見えないところにいる あなたの鼓動は 眼をつぶると 近くにも遠くにも感じて 眼を開けると 広がるのは 拡がるのは 空洞の言葉だけ 距離も時間も空間も ここに…

きっかけ

些細なことだ はじまりは向日葵の花 進んで見えたゆめの先 笑ってさよなら もう会えないなら 最後のあたしは 嫌われたままでかまわない 言葉は宙ぶらりん どこへも行けなくて 今日が終わる

約束

守れない 護れない 結果ではない これからを考える 今まででなく これから 起こってしまっても遅くはない

僕のため息が 誰かのよろこびの歌となる 世界はまわってめぐる 僕がはきだした言葉は どんな思いを引き出すのだろうか ごめんと謝ってももう遅いのかな

ウソ

声に出して言う それだけでもうあとに戻れない 自分で言ったこと 自分からの発信になった瞬間から もうそこから逃げられない 声 文字 言葉 音 息 事実でなくても 自分を悲しませてはいけない

握り拳

その小さな拳の中に、なにがあるの? 大切なもの。言葉。 いまではもう手に入れられないもの。 ドクンと心臓が波打った時のこと。 僕にしか見つけられなかったはずなのに たくさんの人が護っていた。 ぎゅっと握り締めたあなたの手を あたしの手のひらが包み…

クローン

同じ誕生日で、血液型で そんな人どれくらいいるのかな たくさんの人が生きてる世界だけど 確実に、あたしの明日はあたしだけのものだ いい思いもイヤな思いも感じるのはあたし。 あなたが否定されたすべてを あなたが否定したすべてを 受け入れるのでもなく…

キモチ

伝えたいことが多すぎて 言葉にするけど 結局伝わらない 言わないほうがよかったと 後悔ばかりを繰り返す 言っても世界は変わらない 言わなくてもやっぱりそのままなの 僕のキモチはどこへ消えたの ふたつの世界があるのなら 進んだ未来が違うのなら 君がみ…

新年

新しい一年がはじまる 今年はどんな一年にしようか なんて考えてるのに 心のどこかでは月が変わってただリセットされたみたいと思っている自分がいる 何日か前のことだって、あっという間に去年のことって テレビやラジオで言っている 実感がない 年末恒例の…