よどみ点

そこに立っているだけで

僕はゼロになる

誰からも見られずに

見つかることもない

僕の回りには幾重もの光の流線が

交わって空っぽになっていく

吸収したものが

ほら、ゼロになった。

広告を非表示にする