吐息

いつもギリギリのところにいたくて

正解と不正確の真ん中

不確実で

不安定なまま

夜を迎えたい

真実なんて幻想で

僕等はいつも夢のなか

粒子に分解する前に

星の吐息でため息をつく

広告を非表示にする